2012年11月04日

SOS受信

人は無意識なところでストレスを感じていると、身体に反応が出るものだ。

風邪を引きやすくなったり、どこか痛みが出たり、咳や痒みが出たり・・・・

それを無視し続けると、心がツラいことになる。


身体からの信号を早めにキャッチできると、色々ラクになる。


そんな信号、子供の場合はやっぱりママがキャッチするのが早い。


このところ息子が「アゴが痛い」と言い出した。
成長によるものかなぁ、とほっておいたが毎日言う。

そういえば最近じっくり会話してないな。
部活もやめたって言うし、何かあるのかな。
お互い、バイトや仕事で遅かったし
もう高校生なんだし、自分で解決するだろうとほっておいた事を思い出した。


こりゃイカン、会話じゃ会話!!!


昨夜はタイミング良く、二人だったので夕食を一緒に作り会話スタート。

話し難いこともペラペラできるように、ほんの少しカクテルを・・・・・


学校のこと、友達のこと、自分自身のこと。。。。
色々話出した。

かなり客観的に自分を見れているようだ。
大きな悩みはないようだけど、自分に自信が無い部分があること
怒りの表現ができないこと、恐がりなこと、Mなこと(笑)
自己犠牲、人を泣かすなら自分が泣いた方がいいんだってさ。
などなど・・・・気づけば12時。


途中何度も「楽しいなぁ。。。ご飯作ってるときから楽しかったよぉ。大事だね、こういう時間」
とヘラヘラしながら言っていた。
「毎日はいらないよぉ。月に1,2回かな」だって。



今日午前中買い物があったので二人でたまプラへ
ランチ時に聞いたら「あれ?!アゴ痛くない!」って。
ゴリゴリすれば痛いけど、そういえば昨日の夜から痛み退いた!って・・・・

単純すぎじゃあーりませんか?!(笑)



身体からのSOS、子供からのSOS、気づいたらまず会話。
痛みを薬で対処する前に、まず会話。

これで解決する痛み多し☆


posted by gaaaco at 13:16| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。