2015年08月31日

モノの名前

子供ってさ、モノの名前がちゃんと言えないじゃん。

だからって、それを訂正して正しい名前を覚えさせる必要ないよ。


子供ってさ、周りを気にせず歌ったり踊ったりするじゃん。

それを無理矢理止めさせることないよ。



子共時代のそれは、とても大切なことで。
その間違えや動きを、そのまま受け止めてあげることで、子供は愛情を知り、自尊心が育つんだわ。


そういえば、ジュリは「ヘリコプター」を「コプター」と言い
海老を「イビッ」と呼んでたっけ。

んで、アタシも周りもそれを真似て、「コプターだね〜」って言ったり
「はい!大好きなイビッだよ〜」って言ってたな。


3・4歳の頃ならまだしも、ジュリは小学生になっても信号待ちで踊るような子だった。

自宅では、ふざけたダンスを一緒にしてたっけな。


そうやって、子供の言葉や動きを、受け止めそのままを写してあげることで
安心感と安定感を得るんだね。


もっといっぱい言い違いがあったのに、忘れてしまったぁ。。。。




108_0820.JPG


posted by gaaaco at 17:04| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。