2016年06月05日

ヒヨコ踊りしよー!!

先日、TVで酷道を特集していた。

いつかツーリングで行くかも!?って思いで見てたはずが、途中から視点が変わってた。


たぶん、TVの内容が酷道を紹介していたのではなく、酷道沿いに暮らしてる人々を紹介してたからなんだけど。


観ながら感じていたのは、「おかれた場所」「存在している場所」でいかに自分が自分らしくあるかが大切だってこと。
今、いる場にしっかりと繋がっていること。






都会で暮らしていると特に、世間体や近所の目を気にし。
都会じゃなくても、良い人良い子であろうと疲弊して。

自分にとって良くないと感じる出来事を、人のせいにし無責任にり。


自分じゃない、理想の自分になることに躍起になったり。


自分の存在を自分で否定しているようだよ。


アタシが伝えたいのは、いかに自分に居るか。
おかれた場所、存在する場所で自分であるか。


自分じゃない者になるより、まんまの自分になるほうが、よっぽど自由に好きなことが手に入る。


うーん、手に入るという言い方はしっくりこないな。


「キラキラしよう」としなくても、まんまだったら勝手にキラキラする。



「スゲー人」になろうと頑張らなくても、まんまの自分はスゲー人なんだわ。



GAPベースのワークしたからって、お金儲けが上手くなるワケじゃない。
人気者になるワケじゃない。


だけど、生きるのがラクになる。
体験をいきいき感じることができるようになる。
ささやかな出来事・ささやかな時間や空間を全身で感じるようになる。



アタシの場合は、自分の過去を受け入れ、ケツを拭き、健全な思考を取り戻せているように思う。
まだまだと言うか、終わりはないけど、少しずつ愛とか優しさとか慈愛を感じられるようになっている。


少なくとも、自分を自分で虐め汚すことをしなくなった。


面白いんだよなぁ。。。
この面白さ、どうしたら伝わる?!(笑)


【GAPベースのメンタルワーククラス】
7月13日からスタートします。
わくわく・いきいきしようぜ!!
http://mbcj.net/99_blank003.html
105_0519.JPG




posted by gaaaco at 14:55| Comment(0) | ゲシュタルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。