2011年01月18日

緊張は楽しむべし

先日、一校目の試験を終え帰ってきた息子。

「受験、面白い!面接楽しい〜!緊張おもれ〜!」


ハイ?! 変っとるな。


この日は、基礎学力テスト&面接などなど。

朝は緊張して忘れ物したり、どのバス乗るか分らなくなったりと
こちらを冷や冷やさせてくれた。


私が動揺しても仕方ないのは分かってるけど
自分の時より落ち着かない気がする。


帰り道、あざみ野で合流して色々聞いてみたところ。

学力テストは、トンチンカンだったけど、とりあえず全問埋めたとのこと。
大丈夫なのか?!

それよりも、面接の前のドキドキと面接が楽しかったらしい。

部屋に入る前の廊下で、笑いがこみ上げてきて(緊張からくる反応ですね)
声出ないように笑って・・・・
そしたら緊張もどっか行ったって。


んで、面接官の話はしっかり聞けて、詰まったりせず対応できたらしい。

明日学校で友達に伝えるよ「受験は面白いって」だって。


緊張を隠そうとせず、入りきった結果なのでしょうな。

前向きというか、お気楽というか。。。。


結果はどうか知らんけども。
私も緊張、嫌いじゃないしね。


意識のベクトルの向きが分っていると、緊張も楽しめます。


ありがたいことに、沢山応援の声をいただいています。
息子にまで気づかっていただけて、ホントにホントにありがたい。
ありがとうございます


どんな結果となるか分りませんが、本人納得できればそれでヨシ!
結果報告は来月で〜す。


posted by gaaaco at 12:47| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

大切な時間。

子育ても、そろそろ終りが見えてきたこの頃。

メンドクサイって思ってたお弁当作りも、最近は楽しい。
というか、かけがえのない時間だなぁって感じる。


まだ決定な分けじゃないけど、もしかしたら来年から息子は寮生活になるかも知れない。
そう思うだけで、奴との時間が大切で、愛しくて・・・・


ものごと、ギリギリにならないと大切にできないものなのかな。


こんな気持ちでずっと子育てできたら、もっともっと宝物いっぱいなのかも。
だけど、それじゃ疲れちゃうかな。



二人での夕食時、ついつい愚痴ってしまった。

ママ「あぁ〜、来年、寮に入っちゃったらママ寂しすぎるよぉ〜」

息子「あのねぇ、オレだって寂しくないわけじゃないんだよ。」


そうだよね、そうだよね。
ゴメン、ゴメン・・・・・ママが甘えてました。

奴はメチャメチャ素直で正直だ。
バッカじゃないの?!って思うほど、嘘をつかない(たぶん・・・笑)

だから、こっちまで正直者になってしまった?!




時間を大事にするって、とっても素敵なことなんだなぁって、改めて実感。
息子との時間だけでなく、仕事も家族も、友達との時間も。


大切に丁寧に、ここにいる。
そうするだけで、愛しさが湧き上がる。
湧き上がりすぎると切なくなっちゃうのが、玉にキズ。


涙もろくなったのか?!


子育てを通して、沢山の宝物をもらった。
「人を愛する」ことを知ったのも、息子のおかげ。
「許すこと」「見守ること」「感じること」「表現すること」・・・・・・


毎日がかけがえのない大切な時間。
すべてのものが愛しい。
posted by gaaaco at 14:36| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

Happy Birthday!

先日、姪っ子のCOCOっちのお誕生日会でした。

パパもママも、娘の為に色々企画を立て、準備して。
とっても素敵なパーティでした。


愛溢れる家庭で、すくすくと育っている姿は実に気持ちいいかわいい

COCOちゃんも小学生になって、一段とお姉さんらしくなっていました。
小一なのに、色っぽいのよ。



もう、ウチは大きくなり過ぎちゃったし、男子だから。
お誕生日もクリスマスもテキトーじゃん。
今年のクリスマスどうする?って聞いたら。
「あ、オレ?!欲しいモノ来年発売だから、来年でいいし、食事は・・・・ホルモン焼き食いてぇ」
意味ワカラン。


女の子二人って、華やかでいいよねぇ。
妹のNONOとお揃いの洋服が可愛かったなぁ。

将来、ママと三人でお揃い着れる日が楽しみだね^^


COCOにもNONOにも素敵な一年が訪れます様にぴかぴか(新しい)


今週末はマリケア忘年会が待ってるぜ!
きゃー、楽しみ楽しみ♪

posted by gaaaco at 11:05| Comment(1) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ゲシュタルトな奴



数日前、三者面談があり「なぜこの第一志望校へ行きたいのか?」と担任に問われた息子は
なんだかハッキリしない態度で答えた。

どうやら私が隣にいるのが恥ずかしいのか。
自分の思いに自信がないのか。


そんな奴の態度に、メチャメチャ腹が立ってしまい
帰宅してから、ブーブー怒ってしまった。


数日後、↑の怒られたことの延長で「今、何を感じるの?どう思っているの?」と聞いたら

息子「今・・・・この話しが早く終わらないかなぁって思ってる」

ママ「はぁ?(ちょっとムカッ)・・・そう言ってどう思うの?」

息子「どうって。。。ホントにそうだなぁって」

ママ「反省とか、ごめんなさいとか無いの?」

息子「その時は反省っていうか、気を付けようと思ったけど、今は反省なんてない。それになんでママに謝らなきゃいけないのよ?!」


確かにそうだ。息子が正しい。。。。。




昨日の夜、TVで感情の抑え方などをテーマにしていたのを見ていた息子は・・・・・


「オレ思うんだけどさ、悲しいときに無理に押し込めないで、泣いちゃった方がいいと思うんだよね。
泣いてみて、フッと恥ずかしくなったりして泣き止みそうになるんだけど、その悲しい感じをもっと強めて感じて、心を揺すってみて大泣きするわけよ。そうして泣き切るとすっげぇスッキリなんだよね。たぶん、怒りとかもそうなんじゃね?!」


すげぇ、なんとゲシュタルトな奴。
奴と会話してると、この人はホントに「今ここにいる」んだなぁって思う。



多くの人は感情を抑圧してきている。
「泣いちゃだめ」「怒っちゃダメ」「良い子にしなきゃダメ」

色々な方法で感情を押さえつけてきている。
だから、身体や心が固く冷たく・・・時に痛くなる。


その状態を続けていると、悲しいのに笑っちゃったり、怒っているのに泣いちゃったり。

身体と心がバラバラになる前に、表現させてあげて欲しい。


息子と会話してて、クリスから学んだことがまた深く染み込んだ。


子育てって、子を育てるより自分が育つもんだね。


posted by gaaaco at 15:20| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

The 性教育2(親向け)

今月25日(木)友人のMasakoちゃんが思春期への性教育についてお話してくれます。


どうやって伝える?子どもへの「いのち」の話〜いのちの話ができる家庭を〜子どもは未来の大人たち。未来の大人を守るために親としてできる事って何でしょうか。


健康な「性」意識を育むメインステージは家庭です!!
看護師、誕生学アドバイザーが いのちの伝え方 をお話します。
話を聞いた後は、きっと子どもを抱きしめたくなる気持ちになることでしょう

講座内容

日本の子ども達の性の現状って!?
生命の学習には適切な順番があります
ドイツでは生命教育は当たり前。なんで日本はおくれているの
実際に聞いてみよう「誕生学」 子どもへのいのちのはなし
なんで9才までに性教育が必要か
DVD視聴
Q&A

小学校高学年や中学生のお子さんをお持ちのママ達へ

参加費無料!時間も1時間半程度なので

お気軽にご参加くださいませ^^



ご参加いただける場合、メールでお知らせくださいませ。
mary@02.246.ne.jp マリーズケア中村まで
場所やお時間の詳細をお知らせします。


もちろん私も参加しますよかわいい

posted by gaaaco at 09:10| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

英語の学び方?!

どうしたらいいのでしょう?

英語のテストで点数を取れるように教えるのは・・・・・


国語はもちろん、数学も理科も社会も日本語なので教えようがある。

でも、英語は無理〜

あと3ヶ月くらいしかないのに、今から単語全部覚えろ!って言ってもどうよ?!


しっかりやって来なかった本人が悪いんだけども。
だからダメジャン!って終わらせるわけにもいかず。

とにかく、今さらでもできることを何とかしていただきたいのだが。。。。


本人、さっぱり何をしていいのかも分らない模様。


あと3ヶ月で、英語のテストの点の取りかた、どなたか教えてくれませんか?

私も何をやらせたらいいのかサッパリで^^;

困った困った。。。。。。



*10月16日から始まるベーシッククラス あと2名で締め切りとなります。
ご興味ある方お知らせくださいね。
11月1,2日のリトリートはまだまだ大丈夫です。
初めての方でも安心して受けていただける内容となってますので
自分自身や身体・心と向き合ってみたい方、ゲシュタルトに興味ある方是非!


三日月Autumnキャンペーンも開催します。
詳細はこちら




posted by gaaaco at 10:32| Comment(3) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

心の洗濯

お天気のよい3連休でしたね^^
いかがお過ごしでしたでしょうか。

私は日曜日はお休みをいただき、志賀高原へツーリングへ行ってきました。
とっても楽しく過ごせて、気分もリフレッシュ!


と、そんな中、我が息子ちゃんは・・・・・



今年の夏休みは、さすがに受験生!ってことで「一人旅」はナシだったんだけど。
夏休み終わり頃からずっと、「旅行きてぇ〜」「放浪してぇ」「たそがれてぇ〜」と私の顔を見るたび呟いていたので。


んじゃ、期末テストも終わったし、3連休ずっと勉強してる訳でもないから行って来い!


で?どこへ行きたいの?


「どこでもいいんだ、遠くて渋いところ?!」


「水曜どうでしょう」ファンの我が家。
長距離深夜バスは憧れ?!

以前も話題に上がった「青森・恐山」へ決定!!!!


12時間バスへ揺られて行きましたとさ。



昨日朝、無事帰宅。
今まで以上の珍道中だった模様。


1日目、朝9:30に到着
朝食を市場食堂で食べ、その後第一目的の「酸ヶ湯温泉」へ
酸ヶ湯からの帰り道、バス停からユースホステルまで道に迷い。。。。2時間。

冷たい雨の降る中、びしょぬれになりながら、山道を彷徨ったらしい。


この時、色々感じて・・・泣きながらとぼとぼと・・・・

久々にいっぱい泣いたよぉ。って嬉しそうに話してくれました。


無事ユースについて、夕食後、談話室で旅人同士の交流をして
次の日の恐山へ。


お部屋のベッドが隣だったおじさんが、可愛がってくれて、次の日青森駅まで車で送ってくれたらしい。


午前中から電車を乗り継ぎ、恐山詣で。


恐山でも温泉に2箇所入り、温泉三昧。


青森発、20:30の深夜バスに乗って無事帰宅。


楽しかった?との質問に。
 
「楽しかったけど、それだけじゃなかったよ」

なにが?どんな感じだったん?

「迷った時、めちゃめちゃ涙出て、それは恐いとかじゃなくて・・・・なんか、溜まってたものが出たっていうか・・・自分の無力感じたり・・・でも、頑張ろう!って気持ちも湧いてきたり・・・・その後のユースで人と話して暖かみを感じたり・・・・今までの一人旅とは全然違った。」


「これぞ一人旅!って感じだったよ(笑)」


そうかそうか。
きっと体験したものにしか分らない感情なんだろう。
迷子になったと聞いた時は、さすがに心配になり、何故か電話口で怒ってしまったけど・・・
やっぱり、「可愛い子には旅をさせろ」だと思う。


旅して帰ってくると、目が綺麗なんだよね。
きっと、心の洗濯でスッキリするんだろうな。


いいなぁ、私も青森の温泉入りたいいい気分(温泉)
posted by gaaaco at 10:52| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

The 性教育

息子中3。
身体も心も大人になりかけているので
そろそろ必要だよねぇ、ってことで。

突然始まった、ダーによる性教育講座?!


初めは恥ずかしそうに、めんどくさそうに聞いていた息子も
人体図片手に、解剖生理学から説明始めたダーの話を真剣にきいていました。


私は夕食の準備をしながら、聞き耳立てて・・・・・

この日は第一弾として、成人男性の身体の構造と女性の構造+生理についてやホルモンについてなどなど
どれだけ女性が複雑で繊細でダイナミックなものかということをコンコンと語っておりました。


次回は非妊や妊娠についてかな。

とってもフェミニストなダーの話は、聞いてて嬉しいですね。
「とにかく、女性には優しく大切にしなさい!」と。


そんな話の後、せっかくなので語り話あうのにいい機会だと思って色々なテーマで討論会?!してました。


まずは「子どもの臓器移植について」
息子が自分自身にとって、ドナーとなることをどう考えるのか。
必要な側になったらどうなのか・・・・・


お次は、息子が友人に誘われて、キリスト教会のキャンプへ参加することになったのをきっかけに「宗教について」

私もダーも特定の宗教には属していないので、かなり片寄った意見になってしまわないかと思ったけど
特に否定しているわけでもないので、まぁまぁ伝わったかな。


ちょいちょい脱線しながらも、夕食タイムは楽しく過ごしました。


面白かったのは、かなり斜め目線のダーの意見を聞いた息子が
「それはダーの考えでしょ」と反論までもいかないが
自分はこう思う!ってことをちゃんと話したこと。


例え話はまだまだお子様なんだけど
それでも奴なりに理解しようとしたり、興味持って話し聞いてたり。
成長が垣間見れました。


毎日、難しい話する必要は無いと思うけど
たまには大事なことだよね。


次回の性教育タイムはいつかなぁ?^^
しかし、まだまだお子様な息子を嬉しく思う私って。。。。
マザコン万歳!!



ふと気付けば、もう8月。
暑い素敵な夏が始まりましたね晴れ
ちょっと暑すぎるけど。。。。


posted by gaaaco at 12:11| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

息子、悶える。

昨日夕食時の会話中、奴の保育園時代の話題になって
そしたら奴は急に「うわー、みんなに会いて〜」って言い出して・・・・


奴は小学校に入ってからも保育園仲間とよく遊んでたからね。
まぁ、懐かしいのでしょう。


私「んじゃ思い立ったが吉日じゃん。電話してみたらええじゃん」

息子「え〜、ドキドキしちゃうなぁ・・・・」

と会話してて・・・結局「来春同窓会を主催するぞ!」と意気込み始めた。



それならば電話する理由もあると、仲良し3人に電話を始めた。


ダイヤルするたび「ウォーどきどきするぅ」と叫びながら。。。。


一人目S君宅。
お母さんが出て「どちらさま?え?大輝?おぉ、声が大人になってるから分らなかったよぉ。」と喜んでもらえた様子。

なのに当の本人と話し出したら、めちゃ他人行儀。

お互い「声」が違いすぎてピンと来ないらしい。
そりゃそうだ、小4くらいから会ってないもの。

何の盛り上がりもなく電話終わり、凹む息子。


二人目T君宅。
やっぱりお母さんが出て、嬉しそうに会話を弾ませていたが、結局本人は塾で居らず。

それでも、お母さんが色々話しかけてくれたのが嬉しかったらしくルンルンの様子。


三人目Y君宅。
妹さんが出て、すぐにY君に代わり大盛り上がり。
まぁ、ここは中学に入っても交友があるからね。


とアルバムまで出してきて興奮気味のところへ
二人目にかけたT君から折り返しの電話。


奴はもう大興奮!(笑)


自分で自分を抱きしめ身体を左右に振って「すげぇ〜、超興奮する〜」とウホウホ悶えてる姿はギャグ漫画だわ。

人間、嬉しい時あんな動きをホントにするんだね。初めて見たよ。
電話しながらペコペコ挨拶したり、テーブルの周りクルクル廻ったり。

楽しそう(笑)


揚げ句の果てに、幹事なんだからちゃんと仕切らなきゃ!ってことで
今から開催のご挨拶まで考え出しちゃって。

息子「え〜、本日はお集まりいただきありがとうございます・・・・・」


オイオイ、いくらなんでも早すぎじゃね?!
同窓会は来春3月でしょ?
それに皆集まってくれるかわからんし。。。。

息子「オレはやるぞ!たとえ一人でも!」(笑)


毎日ホント面白い。


しかし、こんなにノン気な中3もいないだろうな。
posted by gaaaco at 14:11| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

普通じゃないけど・・・なにか?

昨日、息子の三者面談でした。

私ったら、いきなりドジりまし^^;

日程の手紙、ちゃんと見てなかったのか、勘違いなのか・・・・
6時とかいてあるのに勝手に16時と間違えて
2時間も早く行ってしまった。。。。。

まぁ、家は近いので、一旦帰って出直しですわ。



そしていよいよ面談。

今日のために事前に進路調査も提出し、できるかぎりの資料を持って挑みましたさ。

なのに・・・・担任の先生ったら。。。。


「この希望は誰のものですか?本人ですか?親御さんですか?」と不思議そうに。。。。

息子:「僕です」

先生:「本気で言ってるの?」

息子:「うん、まぁ。。。。」

先生:「なんで?なんでここなの?今じゃなきゃだめなの?」

息子:「う〜ん、まぁ、早い方がいいのかなぁって・・・・」

先生:「イヤ、止めてるわけでも、反対してるわけでもないんだけどね。。。。」

どうみても反対してますって。その言い方。
チラチラ私のほうを見ながら息子と話すその姿・・・・『お母さんもなんか言ってよ〜』って言いたげでした。


先生:「最終確認です。第一希望、高等工科学校(自衛隊)。第二希望、海洋科学高校。ですね?お母さんもそれでいいんですね?!」


ママ「ハイ。ウチでは普通科に行く事が善しではありませんので。」

先生:「ハイ、分りました。これで終わりです」

ママ:「えっ、どうやって入るとか、可能性とか・・・なにかアドバイス的な?」

先生:「分りません。工科学校に関しては担当がいますのでそちらに回します。海洋高校に関しては調べてないので分りません・・・・では。」


えぇ〜!!!!
なんの為に進路調査書提出したのよぉ。


普通科に進学することが当たり前なのか?!
そうなのか?
そこを希望しないウチはおかしいのか?!


確かに、まずは普通科卒業して、その先にまた進路決定ができるとも思う。
けど、逆もありだし。

なにより本人が望んでる訳だし。
私もダーも、生きる力を身に付けて欲しいと思っているから反対は無い訳で。。。。


私自身のことならば、誰に何を言われようが気にならないし、自分の決定が絶対だけど
息子のこととなると・・・・ちょっと心配。。。。


だって、どう見ても、息子はダーの影響を大きく受けてるし
私達の育て方が一般的ではないのは明らかだし。
それが彼にとってどうなのか?!なんて分らないじゃない。


子育てには結構自信持ってやってきたけど。
担任の先生のお話きいてたら、ちょっと・・・????



とりあえず普通科行くもんでしょう。
公立ダメだったら私立行くでしょう。って。


う〜ん、納得イカン。
ウチの場合、公立ダメだったら「定時制です!」って言ったらそれも驚いてた。


お金の問題でも、偏差値の問題でもないんだよなぁ。


まぁ、いいか。今更、普通になんて生きられないし(笑)


大丈夫!だって奴は私の息子だもん♪
posted by gaaaco at 13:34| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。