2008年05月14日

気を付けて・・・お元気で。

昨日 実父の引越しの手伝いをした。


前にも書いたことあると思うけど・・・・・
私は7歳の頃 母が離婚し生き別れていた父がいた。

その父とは9年位前に25年ぶりくらい再会し たまに食事などをしていた。

色々な偶然が重なり 最近は車で5分程度の距離に住んでいた。
正直 私にとってはあまり嬉しいことじゃなかった。
どちらかというと ウザかった。


まぁ、孫にあたる私の息子を預けたりして ちょっと都合よく距離を作って付き合ってきたつもりだけど
やはり 私の中では あまり受け入れたく無い存在というか・・・・
うーん、自分自身どう捉えているのか理解し難い。


その実父が 故郷である秋田に引越しを決めたらしい。

引っ越すことを聞いた時は「ヤッター!」とまでは行かないが
まぁまぁ嬉しかった。というか、ホッとした。

だって、ちょっとウザい存在だったから。

それでも 引越し手伝い後 夕食を共にしたらなんとなく淋しい気分になった。
会えない距離じゃないし、近くにいたときは会いたくも無いって思っていたのに不思議。


別れ際 「バイバイ」してたらハグしてあげたくなって・・・・・
私からハグした。
ほんのちょっと目が潤んだ。。。。。
「パパ」も照れてたというか、かなり驚いてたみたい。

ハグして・・・ハグできて・・・良かった。

きっと小さかった時 いっぱい抱きしめてくれてたんだろうな。
そんな気がする。


夏になったら秋田へ遊びに行こうと思う。
近くに居る時は メンドクサイって気持ちで 会いに行こうなんて全く思わなかったのにね。

長距離ドライブ好きだし、温泉もいっぱいあるらしいから。
今から楽しみだなっ。

あはは、ゲンキンなわたし。

とにかく。。。。身体大事にね、パパ。


posted by gaaaco at 13:31| Comment(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

良かったね、おめでとう。

先日 風の便りで 前夫が結婚し子供ができたことを聞いた。

おめでとう、ホントにおめでとう。
心から嬉しさが込み上げてきた。

私は未婚で出産し、チビが2歳頃にその彼と子連れ結婚をした。


実子じゃない子連れの私を彼の家族は反対もなく 快く受け入れてくれた。
最初は嬉しかったものの、二人の価値観の相違や私の我がままで一年程度で結婚生活を終えた。

それでも彼は離婚届けに判を押さず 別居という形で2年程籍はそのままだった。

別居後も 私とチビを気づかってくれ とても世話になった。

出会ってから結婚まで半年くらいだったかな。
深く理解しあわない内に一緒に暮らし始め・・・・・
結婚式の前にも 「やっぱ無理・・・やめよう・・・」って。
でも彼は「一年結婚し暮らしてダメだったら考えよう」って。
一年暮らせば情も沸いて あきらめるだろうって考えてたらしい。

その頃は 自分と子供のことしか考えてなかったから 彼の悪い所ばかり気になってどうしようもなかったな。
自分とチビを愛するのにいっぱいいっぱいで 他人を愛する余裕がなかったみたい。

おまけに 彼との間に2度の子宮外妊娠まであって・・・・
どれだけ相性悪いんだって感じだった。

確かに 相性悪かったんだと思う。
これは仕方ないこと、どちらが悪い訳じゃない。
当初は 彼を恨むことも多かったけど 今となっては全て思い出。

散々迷惑かけたから 幸せになって欲しいと思ってた。
そんな矢先の「風の便り」
とても心がホッとした。


おめでとう、ホントにホントにおめでとう。
きっとご両親も心から喜んでいることでしょう。
家族を大切に 幸せになってくださいね。


posted by gaaaco at 17:11| Comment(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

頼む、怒鳴らないで欲しい

私は人の怒鳴り声が大嫌いだ。

まぁ、好きな人はあまり居ないだろうけど。。。。
怒鳴り声を聞くと 恐怖感に包まれ なんとも言いがたい気分でいっぱいになって悲しくなる。

昨夜 ビデオ屋へ行こうと外にでたら どこかの家から大きな叫び声が聞こえてきた。
久々に聞いた怒鳴り声だったけど、大分恐怖は薄れてきたことに気付いたわ。
それでもやっぱり子供の頃を思い出す。
せっかくなので 振り返ってみようかな。

続きを読む
posted by gaaaco at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。